テレビ会議活用で効率化|音声や映像の乱れが少ないVidyoでスムーズに会議をする

音声や映像の乱れが少ないVidyoでスムーズに会議をする

メンズ

テレビ会議活用で効率化

男性

テレビ会議システムを活用する場合、企業においては専用回線を敷設し、その回線を利用してテレビ会議を実施するケースが多くなっている。これは、通常のインターネット回線を用いる場合、回線速度が安定しないなどにより、テレビ会議の映像が途切れてしまうなど、会議を行いに辛くしてしまう為である。専用回線を敷設する場合、通常のインターネット回線を利用するのに比べ通信費が高額となることや専用の工事を行う必要があるなど、初期コストも大きくかかる。これらを解消し、専用回線ではなくインターネット回線でも安定したテレビ会議を行えるシステムがVidyoである。テレビ会議ステムを導入する場合には、スムーズな通信が重要であり、導入時にはその点への考慮が必要になる。

Vidyoを活用することで、インターネット回線でもテレビ会議を行うことができるため、これまでのテレビ会議システムに比べ低コストで実施できる。また、他のテレビ会議システムに比べ、高画質であることもVidyoの魅力である。テレビ会議システムでは、画像が不鮮明であったり、途中で画像が乱れるなど会議をし辛くしてしまう傾向があった。しかしVidyoでは、独自の圧縮技術を採用していることでインターネット回線を利用しても、鮮明な画像を実現している。鮮明な画像でやり取りできることで、実際の場所で会議をしているのと同じ品質での会議が実現できる。また、多くの拠点を結んで会議を行う際にも向いており、利便性が高いシステムになっている。